基礎を知って知識の層を拡げるための基礎知識辞典サイト

基礎知識辞典サイト"キソチソ"

ライフ

婚活の基礎知識 婚活に必要な準備から婚活サービスの選び方まで徹底解説

更新日:

昨今20代の男女でもその活動が盛んになっており、様々なサイトやサービスが続々と登場している「婚活」。結婚相談所のコンシェルジュへの相談から、婚活パーティへの参加、近年ではスマートフォンアプリによる婚活などその方法は様々です。今回は婚活の基礎知識から婚活方法の上手な選び方まで徹底的に紹介します!
婚活

出典:写真AC

婚活の基礎知識

そもそも婚活とは

「婚活」とは"結婚活動"を略した言葉で、結婚相談所へ登録して相手の紹介を受けたり、お見合いやパーティーへの参加、スマートフォンアプリを活用して結婚相手を探すことを意味します。

 いまでは当たり前のように使われている「婚活」という言葉ですが、もともとは就職活動を略した「就活」をもじってつくられた造語で、2008年に出版された「『婚活』時代(著:山田昌弘)」によって世間に広まりました。

 また、一言に「婚活」といっても、直接的に結婚相手を探すことだけでなく、料理教室に通って花嫁修業をしたり、エステやヨガに通って自分磨きをすることも婚活といえます。

 女性の社会進出やライフスタイルの多様化によって晩婚化が進む昨今、結婚は容易ではなくなり、伴うように婚活サービスの需要が高まっています。

いつ・どんなときに婚活を始めればよいのか

 様々なサービスやサイトの登場によって、一昔前よりもずっと始めやすくなった婚活ですが、具体的にどんなときに始めればよいのでしょうか。

 もちろん男女で適齢期もちがえば、人によって理想の結婚年齢も異なるので正解はありませんが、未婚男女のマーケティング研究機関『恋愛婚活ラボ』調べによると、男女ともに周りの知人や友人が結婚し始めたときに婚活を始めることが多いようです。

婚活

出典:株式会社Parasol

 上記はあくまでも婚活を始めた"キッカケ"ですので、実際にはご自身の理想の結婚時期から逆算して始めることをオススメします。

 婚活で出会った男女の交際開始からプロポーズまでの期間はおよそ半年から1年間といわれているので、それを目安に逆算するといつ始めればよいかがわかるでしょう。

 一般的な出会いから交際を始めた男女が結婚するまでの期間の多くは1年以上といわれているので、婚活で出会った男女が結婚するまでの約半年から1年間と非常に短期間でゴールインしていることなります。

婚活にはどんな方法があるのか

 先ほど「婚活」という言葉には自分磨きなども含まれるとご説明しましたが、ここでは実際に「結婚相手を探す」ということを婚活として、その方法やサービスをご紹介します!

1. 結婚相談所

婚活

出典:写真AC

「婚活」といえば多くの人が真っ先にイメージするのがやはり「結婚相談所」での紹介でしょう。実際にこの方法が最も成婚率が高いと言われています。

 入会時に登録した情報やコンシェルジュに伝えたデータをもとに、同相談所に登録している異性のなかから相性が良いと思われる候補を紹介してもらえるので、"登録したのに出会えない"などという心配もありません。

 相談所を利用する場合、入会費に加えて月々の会費として数万~10万円、また相談所によっては退会料(成婚時に限る場合が多い)が発生するので他の手段と比べると割高です。

 ですが、高い費用を払っている分お互いの"本気度"も高いので、ひやかしなどはほぼおらず高い成婚率を誇っています。

 マッチングアプリなど自分からある程度アプローチしないといけない方法が苦手な方にオススメです!

💒 結婚相談所 一覧(会員数・費用)

相談所 会員数 初期費用 費用(6ヶ月)
ゼクシィ縁結びエージェント 約27,700人 30,000円 54,000円
楽天オーネット 約49,000人 106,000円 83,400円
ツヴァイ 約28,000人 145,000円 81,600円
パートナーエージェント 約24,500人 95,000円 96,000円
IBJメンバーズ 約60,000人 269,500円 93,000円
サンマリエ 約60,000人 180,000円 90,000円
NOZZE 約60,000人 775,000円 27,000円

※費用は月額最低料金 x 6ヶ月で算出しています。

結婚相談所のメリット

⭐ 相手の身元やプロフィールが正確

 結婚相談所では、入会時に氏名、住所など基本的な情報をはじめ、様々な個人情報を登録しますが、その際独身証明書などきちんと身分を証明する書類の提出が必要なので、信頼性の高い相手と出会うことができます。

 審査がない婚活パーティや婚活アプリでは、バツイチや既婚者、子供がいること、年齢、職業、収入など様々な情報を偽れてしまうため、結婚詐欺に遭う可能性もあります。

⭐ 結婚の意思がある相手と出会える

 先述の通り、決して安くはない費用を払って結婚相談所に入会する人は、結婚を真剣に考えており、結婚への意欲が強い人といえます。

 マッチングアプリなどで出会った相手にいきなり結婚の話をすると引かれてしまう危険もありますが、お互い結婚の意思が明確であれば早い段階からお互いの意思や求める条件を確認しあうことができます。結婚相談所で出会ったカップルがほかの方法で出会ったカップルよりも早くゴールインする理由はまさにここにあります。

⭐ 限りなく条件に合った相手と出会える

 そのほかの方法に比べ、登録する情報が多く、またかなりパーソナルな内容も登録するため、条件に合った相手かどうかの判断もかなり正確にできます。

 もちろん相手の容姿も大切な要素の人かもしれませんが、こと結婚においては年収や家族設計などお互いの条件が合うことが大切です。

 どうしても譲れない条件がある人でも結婚相談所なら安心して相手を探すことができます。

⭐ 直接会うところまでサポートしてもらえる

 結婚相談所ではコンシェルジュが食事やデートの約束までセッティングしてもらえるので、異性とのメールやチャットのやり取りが苦手な方でも安心です。

 ただし、出会ってからの会話ややり取りは自身で頑張らなくてはいけないので、それなりに準備していくことが肝心です!
 

結婚相談所のデメリット

⛔ 費用が高い

 既出の価格リストをみても分かる通り、結婚相談所の費用は高いです。(収入によって個人差はありますが、一般的に高いといえるでしょう)

 もちろん先述のメリットがゆえの費用とはいえ、無料で利用できる婚活アプリや10,000~20,000円程度で参加することができる婚活パーティと比べるとやはり割高といえるでしょう。

⛔ 100%理想の相手と出会えるわけではない

 これはデメリットというよりもリスクに近いのかもしれませんが、高い費用を払ったからといって、"必ず"利用の相手に出会えるわけではありません。

 結婚相談所に何ヶ月も登録して、何人かと食事をしたが結局うまくいかず退会するというケースもあるようです。

 利用するからには自身も真剣に取り組み、コンシェルジュとこまめにやり取りをすることで、なるべく短い期間で理想の相手に出あえるよう、努力が必要なのです。

2. 婚活パーティー

婚活

出典:写真AC

 婚活パーティーは結婚意欲の意思のある男女が複数集まり、直接コミュニケーションをとって結婚相手をさがすためのパーティーです。

 特に人数の指定はありませんが最近では男女ともに10人以上ずつなどの多数で行うものが主流となっています。男女2~3人ずつで行われるものもありますが、その場合は「お見合いパーティー」と呼ばれることも多いようです。

 婚活パーティーには男性の職業や収入、女性の職業や資格でカテゴライズされたものも多いので、ワンランク上の出会いを求める方にもオススメの方法といえます。

街コンとのちがいは

 簡単に言えば"参加者に結婚の意思があるかどうか"です。

 同じ場所に男女で集まって食事をしたり、直接コミュニケーションをとるという意味では婚活パーティーと同じですが、街コンの参加者はまだ真剣に結婚は検討していないことが多いです。交際相手としてではなく、単純に異性の友人や飲み仲間を増やしたいという目的の方も多いようです。

 また、基本的に結婚相手を探すことが目的ではないので、婚活パーティーのような"カップリング"はありません。

婚活パーティーの費用感は

 パーティー(参加者)のランクや、開催場所、時間(昼か夜)によっても異なるので一概にはいえませんが、平均すると男性の参加費用は3,500~10,000円程度といえます。

 女性の参加費用は男性より割安な傾向があり、1,000~4,000円程度です。なかには女性は無料のパーティーもあるようですが、あまりにも安いパーティーは少し怪しい企業や団体が主催していることもあるので注意が必要です。

 1回の参加費が10,000円(男性)と聞くと結婚相談所の費用と比べて非常に安く感じますが、実際に結婚に至る確率や、求める条件の相手と出会える可能性を考えるとどちらが安価となるか参加する前にしっかり検討することが肝心です。

💒 主要婚活パーティー

🥇 PARTY☆PARTY by IBJ

結婚相談所や恋活イベントも多数開催している東証一部上場のIBJが運営している、日本最大級の婚活パーティーです。

専用ラウンジで1対1の個室トークから、恋活謎解きや趣味コンなど豊富なパーティタイプが用意されていて、月間参加者は60,000名を突破し、月8000組のカップルが誕生しています!

企画やイベントごとに参加条件が細かく設定されているため、比較的理想のタイプの相手や、価値観や趣味がバッチリ合う人と出会いやすいパーティーです。

また、全国各地で多数開催されているため、自宅からも遠くない場所で参加することができます。

🥈 OTOCON(オトコン)

OTOCONの婚活パーティーは男女比のバランスにこだわっており、「参加してみたら男女バランスが悪かった」ということが比較的少ないのが特徴です。

費用面ではほかの婚活パーティーと比べリーズナブルなので、男女ともに参加しやすく、婚活パーティー初心者の方に特にオススメです!

男女10人以上ずつ参加する婚活パーティーと比べ、、OTOCONは男女8人ずつの小規模パーティーがメインなので、1人の相手と話す時間が長くなりその後につながる可能性が高くなります。

🥉 EXEO(エクシオ)

エクシオは『本気で出会いを求めている独身社会人の為のカップリングパーティー』をスローガンに、全国47都道府県でほぼ毎日パーティーを開催しています。

パーティには20歳代~60歳代中心の「年代別企画」、真剣に結婚を考えている方向けの「適齢期応援編」、高学歴・高所得の方との出会いたい方向けの「男大卒EXECTIVE編」などバラエティに富んだ企画が用意されています。

また、一人で参加するのが不安な方にも「一人参加限定編」が用意されているなど、手厚いサポートがされているので初心者の方も安心して参加できます!

3. 婚活アプリ(マッチングアプリ)

婚活

出典:KISOCHISO編集部

 近年、"婚活アプリ"は婚活方法の一つとして確立されています。一昔前まで出会い系アプリをイメージしてしまい敬遠されるケースも多かったのですが、最近では一般の登録者が増え、TVCMなども放映されたことなどによりそのイメージも変わってきています。

 今では非常に多くのアプリが出回っており、利用料やそのサービス、成婚率まで様々なので、自分に合った婚活アプリを選ぶことが重要です!

 また、先述しましたが婚活アプリや婚活サイトでは自分の情報を偽ることもできてしまうので、信頼性が高く、安全・安心に使用できるアプリを選ぶことも大事なポイントです。

💒 主な婚活アプリ(マッチングアプリ)

🧡 Omiai(オミアイ)

『Omiai(オミアイ)』は累計会員数400万人を誇る恋活・婚活マッチングアプリです。

会員数が多いので当然マッチングする可能性も高くなり、求める条件に合った理想の相手とも出会う確率が高いアプリといえます。

婚活アプリのなかでは真剣に結婚を考えている、いわゆる結婚意欲の高いユーザーが多いのが特徴です!

20~30代の利用者が多く、高収入の男性や美人な女性が多いことから非常に人気が高まっており、婚活アプリを検討している人は必ず試してほしいアプリの一つです。

🧡 Pairs(ペアーズ)

『Pairs(ペアーズ)』は累計会員数が1,000万人を超える、国内最大級の恋活・婚活マッチングアプリです!2017年に利用率No.1となり(*1)、その登録者数増加はいまでも伸び続けています!

年齢、居住地、身長、職業など基本的なステータスから、結婚への意思、お酒、喫煙の有無といった項目まで、細かく検索項目を設定できるため、理想の相手が見つかります。

また約100,000のコミュニティが存在しており、「イタリア料理好き」「海外旅行が好き」や、「趣味はカフェ巡り」「お米は固いのが好き」などお互いの趣味や好きなものをアピール、確認するための機能も充実しているのでマッチング率が非常に良いアプリです。

現在最も成婚率が高いアプリといわれており、婚活アプリをさがしている方は一度は利用してみることをオススメします!

※1:恋愛・婚活マッチングアプリの利用状況調査「ファストアスク」にて自社調べ|20〜49歳男女2,201人/2017年11月実施

🧡 ゼクシィ縁結び

『ゼクシィ縁結び』は国内最大級のウェディング事業「ゼクシィ」ブランドを展開するリクルートグループが運営する婚活アプリです。

女性も有料という、婚活アプリの中では珍しい料金形態ですが、その分お互いの真剣度が高く、成婚につながりやすい仕組みが整っています!

またコンシェルジュ機能も備わっており、デートの日にちや場所も決めてもらえるので、婚活アプリ初心者にオススメです。

🧡 Match.com
婚活

引用:Match.com

『Match.com(マッチドットコム)』はもともとアメリカではじまった婚活サービスで、世界25ヶ国で展開されており、国内でも187万人が会員登録しています。

40以上の設定項目があり、細かな情報登録が必要なため、結婚意欲の高いユーザーが多いのが特徴です。登録する情報量が多いのでマッチングの精度も高く、サービス開始から今まで高いマッチング率を誇っています。

🧡 marrish(マリッシュ)

『marrish(マリッシュ)』はいろいろな恋活・婚活・再婚・出会いをサポートするマッチングサービスです。女性は基本無料で、男性は定額制でもポイント制でも利用することができます。

身分証明書による本人確認や24時間365日のサポート・監視体制など、セキュリティ面が強く婚活アプリの利用に不安がある方でも安心して始めることができます。

動画プロフィール機能が備わっており、加工のしやすい静止画では把握しにく本人の雰囲気を会う前に確かめることができます!また音声通話機能もあるので、実際に合う前に相手と話すことができ、「いざ会ってみたら話が弾まない」なんてこともなくなります!

アプリのキャッチコピーにもある通り、『marrish(マリッシュ)』は婚活アプリにはめずらしく"再婚活"も応援しています!

バツイチで「相手の条件に合わずなかなか出会えないのでは」「無駄にお金だけかかってしまうのは嫌だ」という想いから婚活アプリの利用を敬遠しがちな方にもオススメのアプリです!

婚活アプリ(マッチングアプリ)の会員数・料金比較

婚活アプリ 会員数 費用(男性) 費用(女性)
Omiai(オミアイ) 約4,000,000人 3,980円月~ 無料
Pairs(ペアーズ) 約10,000,000人 3,480円/月〜 2,900円/月〜
ゼクシィ縁結び 約850,000人 2,592円/月~ 2,592円/月~
Match.com 約1,870,000人 3,980円/月~ 3,980円/月~
marrish(マリッシュ) 非公開 2,980円/月~ 無料

※各アプリとも無料で一部利用可能ですが、ここではおおよその機能が利用可能なプランの料金を記載しています。

4. お見合い

婚活

出典:いらすとや

 お見合いと聞くと多くの方が親同士、または親族などがお見合い相手をさがしてきて、当人同士を引き合わせ、途中で仲介人が退席するというものをイメージされるかと思います。

 ですが、「お見合い」の定義は「結婚を希望する男性と女性が、第三者の仲介によって対面する慣習」であり、仲介する第三者が親や親族である必要はありません。

 つまり先述のコンシェルジュが仲介する結婚相談所や、婚活アプリの機能による出会いもお見合いなのです。 

 ここでは親や親族を介したお見合いを中心に、そのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

お見合いのメリット

⭐ 相手の身元やプロフィールが正確

 こちらは結婚相談所のメリットと同様ですが、親同士や親族が仲介する場合にはさらに親身になって考えられた相手なので、より正確な素性がわかるケースが多いです。

⭐ 結婚の意思がある相手と出会える

 こちらも結婚相談所のメリットと同様ですが、やはり親同士や親族が仲介していると、生半可な気持ちで臨みにくいため、より結婚意欲の強い方とで出会える確率は高いです。

 ただし、なかには本人よりも親の意思や意向が強いお見合いも組まれているようなので、実際にあった際には相手に配慮したうえで真意を聞くことも重要なようです。

⭐ 出会いから結婚までが早い

「お見合い」というもの自体が結婚することを前提にした仕組みなので、お互い結婚を見据えながら出会うため、ほかの方法で出会ったカップルよりも少しゴールインは早いようです。

 ですが、その分判断を急いでしまう場合もあるので、出会い方にとらわれ過ぎずしっかりと検討することが肝心です!

⭐ 離婚率が低い

 親や親族が仲介する場合、お見合いが終わった後に一緒になって考えてくれることが多いため、その場の空気や一時の感情に流されず冷静に判断ができることが大きいようです。

 また、出会う前に家族や親族同士が交流しているケースも多く、結婚後にどちらかの親族とうまくいかないなどの障壁も少ないといえます。

お見合いのデメリット

⛔ 恋愛期間が短い

 一般的な恋愛結婚や自由結婚と比べて、結婚を前提に出会うためゴールインまで早い分、婚前の恋愛期間は短くなってしまいます。

 ゼロから出会って、お互いの気持ちに気づき、小さなことから始めていくような恋愛のステップを踏みたい人にはやや不向きかもしれません。

 また、恋愛期間が短いと乗り越えてきた障害も少ないので、結婚後に生じたトラブルに向き合う力が少し弱いこともデメリットの一つといえるでしょう。

⛔ 断りにくい

 これはイメージしやすいかと思いますが、親や親族、同僚など近しい人から紹介された場合、断りにくいのが事実です。

 また、仲介人同士の関係が深ければ深いほど、その後の関係に支障をきたすことを気にしてしまい断りくくなってしまいます。

⛔ すぐに会えない

 婚活アプリや婚活パーティーの場合、自身の隙間時間で婚活することができ、参加する時間や場所を自分で決められるのに対し、お見合いの場合親の都合などにも合わせなくてはいけないのですぐにセッティングができません。

 また、お店や当日の服装選び、事前に先方に渡す写真の撮影など準備もかなりのものになるのである程度の期間が必要となります。

* * *

 いかがでしたか?婚活の方法を検討中の方も、現在婚活中の方も参考なったのではないでしょうか!

 ただ、できれば結婚は一生に一度のものにしたいもの。どんな方法で婚活をするにせよ、自分に合った方法を慎重に選ぶようにしてください!

イチオシ動画

「私たち、Pairsで結婚しました!」Pairs幸せレポート

ゼクシィ縁結びエージェント CM「縁結ビーム」メイキング映像

アプリ婚活あるある

※本記事の内容は2019年8月18日のものです。最新のデータは異なる可能性がございます。
※当サイトの内容は筆者個人による意見です。一部の内容は事実と異なる可能性がございます。

-ライフ
-, , , , , ,

Copyright© 基礎知識辞典サイト"キソチソ" , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.